読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモイダマ

今までのブログで、散々踊るエイトを推していますが(いや、今もそうなんだけど。)

 

オモイダマ、めっちゃ好きなんですよ。

 

甲子園興味なくても、つい見てしまう熱闘甲子園

あの時期、番組を見ながら流れるオモイダマを聞いて、敗戦した高校生の涙を見ては泣いていたな、という自分語り。

 

紅白や年末の日テレの特番も、オモイダマでぐっときたものです。

(初披露のMステはあれだったけど)

 

エイトも、オモイダマ大好きじゃないですか。

(ドリフェスと札幌しかやらなかったバンドバージョンは、再披露されることあるのかな。また聴きたい)

 

なんで、このタイミングで、こんなうだうだ書いてるかって。

 

シャッフルメドレーの

「なんでオモイダマなのー」

の声の多さなんですよ。

(歌はすきだけどさーって書いていた方も多かったけれど)

 

いや、分かる分かるよ。私もギンギラギンかよ…って正直テンション下がったからね!

踊ってよってなったしね。

 

だから、そこは分かるのだけれど。

 

そもそも、歌自体の浸透のなさが浮き彫りになってしまったのも非常に残念以外なにものでもなくて。

 

エイト=ズッコケ、無責任、好きやねん

 

みたいな構図が出来上がってしまってるのも

悲しいかな事実で。

(正直、エイトの曲が歌われること少ないから

はっきりは言えませぬが)

 

そんな中で、こちらとしても、急にオモイダマってびっくりしたんですが。

 

なので、放送見つつも、色んな意味での違和感を感じておりました。 

良かった!って言う人の圧倒的少なさも、

やはり悲しかったです。

オモイダマ、めっちゃいい曲なのに…

 

 

 

そもそも、エイトの曲だと踊らないって思われがちだから、エイト曲選抜だと他ユニ担からすると「…うーん」なのかなとか、モヤモヤ。

 

 

踊るにしても、LIVEでしか披露しないから、パブリックイメージは、上記の曲なんだろうな…

バキバキは踊ってるけどさ。

 

 

そんなもやり感の中でのLIFEからの罪と夏ね!

 

やはり、オーラスを思い出してしまったけれど、ドラムの音が響いて本当ぐっと来たし

新曲との振り幅の広さにも、ぐっと来ました。

(語彙力のなさ)

 

マスピとかワサビとかみたいな踊る曲もいつかはA面で!とか思うのだけれども。

よっっっぽどの特典ないと無理?

 

バキバキは、さすがに音楽番組じゃ流れなそうだけど(つД`)ノ

…踊ってみてもいいんじゃないでしょうか?

 

テレビで踊らないなら、せめてLIVEでは、がっつりレーザーやら特効使いまくりで踊っていだだきたい…

 

 

 

あともう一つ。

 

音楽特番で思うのは、ジャムで共演した人の多さ!

びっくりするくらいの共演率。

 

すごいことだと思います。

また、そんな縁が更に深まることを、新しいお仕事に繋がること、期待。

 

罪と夏の初動もあれやこれやですけれど。

本当、お店の棚が空っぽすぎてびっくりです。

でも、初動の数字が思ったほど…

 

買うこと、やはり大事だなーって思いました。

予約も大切!!!!

 

久々に、楽しみで仕方なくて購入出来たので

それまた嬉しく…!

仕事山積みの中でも、速攻バキバキ見たもの。

 

 

どうしても、数字でしか評価されない部分はあると思うのでね。

過程を評価されるところも大きいとは思うのだけれど、数字が物言う世界ですから。

 

より良いものを作るために。 

 

ただ、激化する購買運動には若干ついていけない思いもあるので、出来る範囲が大切かな、とも思います。

 

 

最後にもう一回。

 

オモイダマ最高\(^O^)/