元気が出ない

楽しい知らせを!と書いていたあの日から、すぐに【ZIP独占!関ジャニライブ】の文字。

友人と「結局どの公演にしたのかねー?」なんて無邪気に話していたのも束の間…

出勤中にチラッと見たTLも “大倉” “不在”の文字が並び、不安しかなく迎えた昼休み。

1番恐れていた事態が起こっていた。
友人とのLINEも「なんで?」しか出てこない。
職場を異動したばかりなのと、休憩中にですら、携帯をいじりにくいこともあり、きちんと情報把握出来たのは終業後。

生産限定、インフィニティの謎の宣伝文章、オーラス…
一気に入ってくる情報量についていくのが精一杯だった。

一瞬でも気を抜くと涙が出そうだった。

久しぶりに、はてなを始め、ツイッターも沢山読んだ。
自分の気持ちを「そうそう」って共感出来る文章を探して。
(おかげさまで、少し気持ちの落とし所を見つけた気もする)

ここ最近のエイト事情は、
『オトナの事情』が、露骨に見えることが少なくなくて、どーなってんだよおお!って言いたいこと、沢山ある。
(早急に広報か営業か分からないけど、あの文章考えた人は、外れてほしい。何事も文言一つで受け取り方が変わると思うし)


これ以上の【正解】を、レコード会場からも事務所からも、本人からも聞けることはないのでしょう。
与えられた文章やラジオのニュアンスで感じ取るしか、わたしたちには出来ない訳で。

レンジャーの更新を読んで泣き、直後に聞いた、レコメンで村上くんの
「大倉くんのファンには申し訳ない」の一言で、更に涙とまらずだった。





発売決定になってから、
買うかどうか、ずっとモヤモヤしてた。
本編が見れないのに、って。

でも、
大倉くんが「見てほしい」って書いたこと、特典にはきっと大倉くんがいて見損ねたくないこと、京都時代の話してたMCは聞きたかったこと…

そして、買うことが、今後の彼らに直結すると思うから…そっと予約を押した。
インフィニティのやり方は、納得いかないけれど。





その後、そろっとZIPも見たけれど、あの挨拶を見、(いつもZIPありがとう!って思うことが多いにも関わらず)メンバーの持つ彼のうちわを見た瞬間、無意識に停止ボタンを押して、録画も消していた。



いくら大倉くんが見てほしいと言っても
あの日の光景は、やはりトラウマでしかなくて、あの日感じた気持ちは、まだ瘡蓋にすらなってない以上、
きっと本編はまだ、見れないと思う。


あくまでも、私の意見であって
「見てほしい」意向を汲み取って、
絆を見る人、ライブ楽しみにしてる人は、どうか楽しんで貰いたいと思う。

それがエイトも一番喜んでくれることなのも理解はしている。

ただ、「たのしむ」ことの強要はされたくない。

前回のブログで、立場によって感じることは違うって書いたのだけれど、今回も
感じることは人それぞれ。

楽しみー!に出来ない人もいるのだということだけ。

ヲタ活には、自分なりの付き合い方があるのだから。

見る自由も見ない自由も人それぞれ。


きっと、明日のANNでも触れるとは思うけれど…!
そこで、また泣いてしまいそう。


いつの日か本編も見れることを祈りつつ…

泣きすぎだろ!って、ツッコミも入りそうだけれど、仕事が忙しくて張り詰めてるのもあるので、感情の昂りがすごい今日この頃。

公私ともに、一刻も早く元気が出る日が来ますように。