大好きな【今】を聞くことがこんなにしんどくなる日が来るとは…

人間、こんな泣くことが出来るんだってびっくりしています。

失恋したり、仕事辛かったりした時より遥かに超えている総涙の量は計り知れません。

 

わたしは、関ジャニ∞に誰にも敵わない存在になって欲しかったし、今でもそう思っています。安田くんの言葉を借りるならば、唯一無二の存在になってほしいです。

そんな中での今回の発表。

 

あの週刊誌の一報から、「ありえない」って言い続けてきたけれど、やっぱり不安で。

サタプラのまるちゃんやAN Nの大倉くんの言葉に只ならぬ気配を感じてるところの朝一のメール。

11時のお知らせから、全く体も動かず、涙も止まらず。会見もSNS通じて見たところで…

お友達とLINEしたり電話したりしてても、やっぱり互いに涙しか出てこなくて…

一人になったら、ツイッターの海にいましたが、エイトの話したことない他担の方々も呟きに呟いていて…ジャニヲタの皆さんの暖かさも感じました。勿論好意的なものばかりではなかったけれど、それでも大半は暖かいものばかりでした。

 

 

「なんで」「いやだ」っていう気持ちが第一弾。今は、大倉くんが言ってた「勝手な決断をしたすばるくんを嫌いになれなかった」近いかな…と。意味わからんでも、嫌いになれない。うん。混在しています。

 

ファンのためを思って、全員で(安田くんは本当にお大事にしてください、大丈夫ですか?でしかないのだけれど)会見に臨んでくれたこと、きちんと自分達の言葉で表現してくれたこと、本当にどこまでも関ジャニ∞だなと思います。(それでも編集には物申したいのもあるし、コメンテーター黙れでしかなかったのはある)

一生思い出したくなかったけど、元気コンのオーラスでの冒頭の部分をちらりと思い出したりもしました。

 

 

こんなにも、関ジャニ∞の話題がずっと取り上げられることなんてなかったし、もっとさらっと流れゆく話題なのかと思いきゃ、今まで見たこともない数の番組で長尺で取り上げられて…

袂を別つことがこんなにもバズってしまったことは、私が思ってる以上にエイトは大きい存在なのでしょう。

 

それだけの事態なんですよね…

 

この件に関して、私たちファンの思いとも別に、意味がわからない判断と考える人もいるでしょう。

エイトがすばるくんの歩んできた道だからこそ、出てきた袂を別ついう選択肢も出てきたのかな、とも思います。

(ファンは勝手だからさ。フラフラ期を超えてファイトを超えて、安心しきっていたよね。

「バンドばっかり」とか文句も色々言ってしまつてたけれど、誰かがいなくなってしまう未来は一切見てなかったよ。)

 

 

前を向かなきゃならないことも、門出なこともわかってるし。

メンバーが全力でとめたことも私たちがぶつけたかったことも、全部もうエイトはぶつけてくれてたし、それをきっちり知らせてくれた。

大倉くんが、ああやって言ってくれたことで少しだけ、気持ちが救われたわたしがいます。

 

それでも、エイトでのすばるくんの歌声も

eighterーーー!って煽ってくれるのも聞けなくなるのは、寂しいし、悲しい。信じられない。

無意識にすばるくんの声を探す自分もいると思います。

 

1からのスタートどころか、0からのスタートになるかもしれない現状。

関ジャニ∞を応援する以外の選択肢はないし、より一層応援していく。

 

これだけは変わらない。

エイトだって、不安だらけだと思う。

ファンは無力だね…って言っていたけれど、

応援することが一番の力になれることなのかな。

 

6人でもエイトを続けようと思ってくれたこと。ジャニーズでいようとしてくれていること。

永遠ではないかもしれないことだからこそ、

大事にしていきたいです。

 

今まで通りついていきます。

でも、しばらくは7人を思って涙することを許してください。

 

大好きです。